読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内 開 blog 〜面白き事もなき世を面白く〜

小説家 瀬戸内開のブログ。「新米オジン・クラーク救急医療現場を行く」 文芸社より刊行。2016年4月、紀伊国屋・三省堂書店にて発売。

血縁:親族・親戚との関わりをどう考えるだろうか!

 血族の関わりが薄れて来ているがこれは何も今に始まった事ではないかも知れない!その昔から「兄弟は他人の始まり」とか云い伝えられてきているし、有史以来親子兄弟の争いは勿論のこと、太平の江戸時代においてもお家騒動は後を絶っていない。

 その歴史経過を反芻すれば、格別今の時代の現状を敢えて嘆くことでは無いのかもしれない、「歴史は繰り返す」ただこれだけなのであろうか・・・

 確かに世界有史の4・5千年来、人類は身内・部族・宗派・民族と仲間が仲間とにらみ合い・敵対し合い・殺戮を繰り返してきた、そしてなお現今においてもその身の毛のよだつような殺戮戦を世界の各地で飽くことなく拡散している。つづく