読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内 開 blog 〜面白き事もなき世を面白く〜

小説家 瀬戸内開のブログ。「新米オジン・クラーク救急医療現場を行く」 文芸社より刊行。2016年4月、紀伊国屋・三省堂書店にて発売。

北方領土返還がロシア政府と政治問題化してきた事に一言

 以前の記述でも指摘してきた事であるが、「我が国の北方領土は【千島烈島・南樺太以南及びオホーツク海南東海域を包括した領域】である。いつの頃か我が国政府は「北方領土」はといえば「択捉・国後・歯舞・色丹」と第二次大戦戦勝国に謙り萎縮して馬鹿げた領土国是を表明した。まさに我が国自らが国際法を無視した国是発信であった。

 ここ数年世界的な政治・経済・社会の混沌が深刻化しており、今後の世界の成り行きが危ぶまれている。原油の下落・ロシア天然ガス下落による中近東産油国・ロシア経済が窮地の事態に陥っている、同時に中国共産党政府の経済政策破綻が追い打ちをかけ、さらには中東の内乱・政情不安がユーロ圏への莫大な数の難民流入でヨーロッパ各国へも危機状況が差し迫っている。

 だがこれだけではない、南米諸国においても其処かしこに火種を抱えた国々があり、米国経済も回復途上でまだ先行きは楽観が出来ない現状である。勿論、我が国も円高急進で予断を許さない経済情勢である。

 今まさにこの様な世界情勢の中で、ロシア政府が我が国からの経済支援を狙って「北方領土返還といった飴玉」を出し入れしている。北方4島(択捉・国後・歯舞・色丹)の帰属は長年の政治課題ではあったが、「我が国の北方領土は前述の通り【千島烈島・南樺太以南及びオホーツク海南東海域を包括した領域】である」(この領域は国際法上は今日も我が国の領土であつて、終戦直後、旧ソ連邦、現ロシア政府が一方的に略奪・蹂躙し支配し続けているのが現実である)。

 北方4島が第一次返還領域であり、その後第二次・第三次と南樺太・千島烈島全域返還が協定に明記・確認されるのであるならば「ロシアの飴玉に舌を伸ばす」ことは決して吝かではない。

 だが北方4島【択捉・国後・歯舞・色丹】の返還だけで北方領土問題が完全解決というのであれば、我が国政府の為体は見過ごすことが出来ないであろう。

 私は斯様に考えている。瀬戸内 開